お金借りる 消費者金融

お金が借りれるところの中でも安心して利用できるのはどこ?

考える

お金を借りれるところはどこも怪しくて不安だから、どこなら安心して利用できるのか調べていますか?

現金でお金を借りれるところといえば、最初に頭に浮かぶのは銀行や消費者金融の金融機関です。

実際には地方自治体にお金を借りれるところでもありますが、厳しい条件や審査があります。

このページを最後まで読むことで、

ポイント

  • 借りることを急いでなければ広がる選択肢とは?
  • 一時的に借りたいときに手数料無料にできるの?
  • 申し込みを断られ続けた人が望みを託せる身近なところは?

といったことが理解できます。

お金を借りれるところを探しているなら、たくさんある選択肢の中から用途によって使い分けるように選ぶべきです。

 

金融機関で借りるなら銀行と消費者金融どっちを選ぶべき

正解はどっちか

銀行と消費者金融のどちらもメリットがあり、目的や用途に合わせて選ぶのが正解です。

まずは、お金を借りれるところとして銀行と消費者金融では、それぞれの特徴に違いがあるのか比べてみましょう!

銀行カードローン 消費者金融
上限金利 年14%~14.6% 年17.8~18%
審査時間 最速申し込み翌日 申し込み当日
コンビニ提携ATM手数料 基本無料だが銀行による 有料
融資期限 最速申し込みから5日営業日 最速申し込み当日
返済額 借入残高によって固定 最低金額以上であれば変更可能

※銀行はカードローンとします。

ざっと比較してみると、銀行は消費者金融に比べて金利が低いということで、同じ金額を借りたときに返済額が少ないということがわかります。

現金の出金と返済でコンビニ提携ATMを利用したときも、銀行ならほとんどのところでは手数料が無料です。

お金を借りるときの希望が、少しでも返済額やATM手数料を少なくしたいのなら、銀行カードローンの一択となります。

次に消費者金融の優れた点は、申し込みした当日に審査結果がわかって、最速なら当日にお金が振り込まれるところです。

明日までには何とかお金が手元に欲しい緊急時には、銀行で申し込んで現金が手に入るまでに何日も待つことができないようなら、銀行と比べて金利が高くても消費者金融で借りるという選択肢になります。

お金を借りたいけど慌ててないのなら銀行で、急いでいるなら消費者金融を利用するということです。

 

銀行と消費者金融ではなぜ条件が違うの?

比べる

銀行と消費者金融で大きく異なるのは、業種で区別されていることで該当する法律によって制限が違うことです。

銀行はお金を預かるだけでなく貸し出しもしますが、消費者金融は貸金専門の業者として扱われるので、それぞれ該当する法律が異なります。

それらの法律は「銀行法」と「貸金業法」です。

貸金業者として区分される消費者金融は、総量規制がかけられた「貸金業法」を守る義務があり、上限金利と貸し出し額は決められた範囲内で貸し出すようにしなくてはいけません。

総量規制とは?

個々の返済能力に準じた上限額のことで、年収の1/3を超える金額を貸し出すことができないように、定められた法律です。

一方の銀行には、異なる法律の「銀行法」が適用されています。

 

何十年もかけて返済する金額が借りられる銀行法

銀行法

銀行法には総量規制がないので、住宅ローンのような桁違いの金額でも貸し出すことができる点が、貸金業法との最も大きく違うところです。

銭借警部
貸し出し金額に上限がなかったら、好きなだけ借りれるのか?

銀行にはそれぞれ独自の貸し出し基準を設けており、ローンの名目によって金額が制限されています。

主な銀行のローンの名目

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • フリーローン
  • カードローン

他にもありますが、上記が一般的に利用数の多い代表的なローンとなっています。

銀行法は所得に対しての制限がないので、長期で返済してもらうことを前提としているから、大きな金額でも低い金利で借りることができるようになっているのです。

銀行で借りるときに自由にお金を使うことができるのは、フリーローンとカードローンだけとなっています。

どちらも、自由な用途で利用できそうなイメージです。

この2つには大きな違いがあって、保険適用外の手術や結婚式の費用のように、見積りやカタログで大まかな金額がわかる出費で利用するときは、フリーローンとなります。

フリーローンは申し込みして審査に通ってから、一度だけしか借りられません。

それに対して給料日までつなぐ生活費や、遊ぶお金が足りないときに利用したいのなら、自由な使いみちで借りられるのがカードローンです。

申し込みしたあとに審査が通ってカードが届いたら、限度額以内であれば何回でも借りることができます。

 

銀行系のカードローンのおすすめは

ATM

銀行系カードローンでお金借りれるところだと、三菱UFJ銀行のバンクイックがおすすめです。

多くの人が一度はお世話になったことがある三菱UFJ銀行は、メガバンクとして全国シェアNo.1の銀行です。

カードローンで三菱UFJ銀行が人気の理由は、誰もが知る知名度と安心感だけではありません。

ネットから気軽に申し込みができることはもちろんのこと、三菱UFJ銀行の口座番号を持っていればバンクイックの手続きが簡略化されるからです。

もちろん、口座を持っていない人でも利用できるので問題なく利用できます。

三菱UFJ銀行のバンクイックの最大金利は14.6%と銀行系カードローンの中でみても、特別に金利が低くなっているということでもありません。

銀行系カードローンは収入に応じて借入金額を増額申請することで、利用限度額を増やすことができます。

利用限度額が高くなるほど、カードローンでは借りる金額は関係なく低金利が適応されるのです。

ここが消費者金融とは大きく異なるところで、たくさんのお金を借りなくても低い金利で借りられます。

また、専業主婦(夫)でも配偶者に収入があれば申し込みができるので、消費者金融の申し込み条件に該当しなくて諦めていた人でも、三菱UFJ銀行のバンクイックに申し込めます。

消費者金融と比べたデメリットとして、お金を借りるまでの審査に時間がかかること、専用のローンカードが届くまで利用することができないといったくらいです。

 

今すぐ借りたいスピード重視なら消費者金融

街並み

消費者金融は銀行系カードローンと比べると少々金利は高くなりますが、営業時間内に申し込みしたらすぐに審査が行われるので早ければ30分くらいで審査結果の連絡が入ります。

審査に通ったらスマホアプリから希望金額を借入額に入力すれば、すぐにコンビニATMで引き出せるので、早急にお金を準備したい人には消費者金融がおすすめです。

消費者金融に申し込んでも短時間で審査結果が出るのは、申し込み画面に入力した内容を瞬時に自動プログラムが点数を導き出して判定しているからと言われています。

その証拠に申し込みを終えると、すぐに必要書類の提出を促すメール送られてきますが、そのメールを返信してから次の連絡がくるまで30分くらいの時間はかかるのは、機械化にはできないことを人間がしているからです。

人為的に行う審査業務

  • 提出書類の確認
  • 信用情報機関を使った照会
  • 勤務先の確認や在籍確認

30分以内でこれだけのことを終えて審査の最終結果が出ます

 

消費者金融でおすすめはどこ?

プロミス

一言で消費者金融と言ってもたくさんあるので、どこを選ぶのかの判断基準はズバリ大手です。

消費者金融で大手と呼ばれているところは、ほとんどが親会社になっているのは銀行系列グループで、東証一部上場していると知るだけで安心感があります。

プロミス 三井住友フィナンシャルグループ 東証一部
SMBCモビット なし
アコム 三菱UFJファイナンシャルグループ 東証一部
レイクALSA 新生銀行 東証一部
アイフル アイフルグループ 東証一部

テレビCMしている消費者金融の中では、SMBCモビットを省けばすべて上場企業です。

一覧にすると目立ってしまうSMBCモビットですが、プロミスと同じ三井住友フィナンシャルグループ傘下のSMBCコンシューマーファイナンスが運営する金融事業なので、ただ上場していないだけでその気になればいつでもできる力を持っているはずです。

こうやって見てみると、大手の消費者金融は日本を代表する金融機関がバックボーンなので、コンプライアンスもしっかりと管理されているから、安心して利用できるところだと理解できます。

大手の消費者金融ならどこも安全なのはわかりましたが、上記の中からでも選ぶとしたら金利が一番低いプロミスがおすすめです。

大手の消費者金融の上限金利は横並びするようにどこも18%となっていますが、プロミスの上限金利だけは少し低く設定された17.8%なので良心的といえます。

銭借警部
金利が低いことは嬉しい限りじゃな!

それとはじめての利用なら30日間利息0円で利用できます。

プロミス以外も同様の無利息サービスを行っていますが、ただ一つプロミスと同じ系列会社で実店舗を持たない業態のSMBCモビットだけは、利息無料サービスを行っていません

今では当然のようにスマホアプリで何でもできますが、それまでは消費者金融から発行されたカードを持っていないとお金を借りることができませんでした。

業界では画期的といわれたカードレス化を最初に導入して、1,000円単位でも気軽にお金を借りることができるようにしたのはプロミスなのです。

利用者目線で考え抜かれたサービスを取り入れる姿勢があるので、困ったときにも柔軟に対応してもらえることが期待できます。

お金を借りるところが決まっていないなら、プロミスがおすすめです。

プロミスの申し込みはコチラ

 

自治体の公的機関もお金を借りれるところのひとつ

役所

お金が借りれるところと最初に思い浮かぶのは、先ほど紹介した銀行や消費者金融を思い浮かべます。

その前に生活費が足りなくて困っている人が、駆け込むところとして覚えておいてほしいのが市町村の自治体です。

ありがたいことに銀行や消費者金融といった金融機関の審査に通らなかった人が利用できます。

銭借警部
だったら、最初から自治体から借りればいいじゃないのか?

自治体が銀行や消費者金融と大きく異なるのは、贅沢なことに使うお金を借りることができないということです。

自治体では切り詰めた生活を余儀なくしていても、公共料金の支払いもできないような人の力になってくれるところで、生活福祉資金という制度が用意されています。

 

生活福祉資金を申し込むためには

面接

生活福祉資金を貸し出しているのは、住んでいる地域にある社会福祉協議会というところで申し込みができます。

申し込み条件のひとつにあるのは、個人への貸し付けが行われていないということです。

家族全員で協力してでも生活が厳しい一世帯の代表者だけ、申し込みを受け付けてもらえます。

貸し付け対象世帯

  • 低所得者世帯
  • 障がい者世帯
  • 高齢者世帯
低所得者世帯

低所得が理由で金融機関から借りることができない世帯

障がい者世帯

身体障がい者・療育・精神障がい者に該当する障害手帳を発行された家族がいることで、働くことが困難な世帯

高齢者世帯

同居する65歳以上の高齢者家族の付き添いすることで働けない世帯

 

これらは申し込みできる条件であり、必ずしも借りることができるといった保証ではありません。

また、何度も面接を重ねて慎重な審査が行われるので、お金を借りることができるまでに1か月ほどかかることから、途中で自ら断念してしまう人もいるくらいです。

無事に面談による審査が終わるとたくさんの提出する書類の準備はもちろんのこと、一番難しいのは同じ地域に住んでいる人の中から連帯保証人を探すことが条件となっています。

いろいろと厳しい条件ではありますが、乗り越えた先には金融機関では考えられない無金利~1.5%といった低金利で借りられます。

生活が厳しく金融機関から断られて困っているときには、生活福祉資金を申し込むことで生活環境の再建ができるかもしれません。

 

お金を借りれるところの中では現金入手まで早いのは消費者金融

お金がなくて借りられるところを探しているのなら、プロミスがおすすめです。

お金を借りられるところでもプロミスをおススメする理由は、

ポイント

  • 現金を手にするまで早ければ申し込み当日
  • 1,000円単位から借りられる
  • 三井住友銀行提携ATMなら利用手数料が無料

といったことが挙げられます。

プロミスは消費者金融業界で最安金利の17.8%です。

多めに借りるのではなくて足りない分だけ借りるようにすれば、余分に支払う金利を抑えることができます。

また、はじめて利用する人なら30日間無利息サービスを行っているので、次の給料日に返済するなら借りた元金だけで金利は不要です。

入金が早くてお金を借りられるところを探しているのなら、プロミスがおすすめです。

プロミスの申し込みはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

銭借警部

ワシは部下達から銭借警部と呼ばれているんだ。 お金の工面が盗人ルパンよりも上手いということだな! ガッハッハ

-お金借りる, 消費者金融

© 2021 ゼニリミット Powered by AFFINGER5