お金借りる 保険証なし 免許証ない

お金借りる場合に保険証ない免許証なしの人へアイフルをオススメする理由とは?

お金を借りるときに、健康保険証がない人や運転免許証なしでも、本人確認ができるものがあれば申し込みできます。

銀行口座を登録することで本人確認として認められる貸金業者に申し込みすれば、お金を借りることができます。

借りる金額によっては銀行口座だけでは本人確認として認められなくなるので、最後までしっかり目を通してください。

このページでは、本人確認書類ではなくても銀行口座があれば、お金を借りることができる消費者金融の紹介をしています。

ポイント

  • 銀行口座で本人確認が認められる金融機関とは?
  • 顔写真の入った身分証明書は優遇されるの?
  • 申し込みしても審査に通らない人の共通点は?

について解説しています。

このページを最後まで読めば、銀行口座で本人確認と認められる消費者金融を紹介しているので、免許証や保険証を持っていない人でも、お金を借りることができます

 

お金借りるときに健康保険証がない場合には申し込みできるの?

健康保険証

本人確認として認められる証明書類には複数あって、健康保険証がない人でもお金を借りることができます。

社会保険証は正規雇用者や規定の就業時間を超える労働者だけ発行されるので、会社で働いていることを立証する代表的な証明書です。

消費者金融でお金を借りるときに、本人確認書類で健康保険証以外のものを提出できれば、何も問題ありません。

健康保険証を持っていない場合でも、本人確認として認められる書類があるので、他の証明できるものを提出するようにしましょう!

本人確認と認められる書類

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

上記の中から一点提出すれば、本人確認として認められます。

銭借警部
本人確認書類と呼んでおるのに、パスポート以外はカードじゃないか?

証明書をカメラ撮影したものやスマホでスクリーンショットした画像のことを、貸金業界では書類と呼びます。

お金を借りるときに社会保険や国民健康保険などの健康保険証がないなら、速やかに他の本人証明書を提出するようにしましょう!

アイフルは銀行口座が本人確認になる

通帳

健康保険証以外の本人証明書類がすぐに準備ができないなら、本人名義の銀行口座を登録することで本人確認として認められるアイフルがおすすめです。

申し込みで本人確認書類を選ぶ画面で銀行口座を選ぶボタンがあり、借入希望額が50万円未満の申し込みのときに選択できます。

銭借警部
希望額が50万円未満のとき、銀行口座が本人確認として認められるのは、アイフルだけなんじゃな?

有名な消費者金融だと、アイフルだけが銀行口座を登録すれば本人確認と認められます。

50万円以上の借入金額を希望するときや、他社から借入があればその金額とアイフルの希望額を合わせて100万円超えるなら、銀行口座だけでは本人確認として認められません

健康保険証などの本人確認できる書類と収入証明書の2点を提出する必要があります。

収入証明書類として提出可能なもの

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 直近2ヶ月の給与明細書と賞与明細書

上記のうちどれか1点必要となるので、準備してから申し込みしましょう!

健康保険証がないけど50万円以上のお金を借りたい場合には、本人確認書類と収入証明書類を提出することで審査を受けることができます。

本人確認書類を提出しなければいけない50万円以上の金額が借りたいなら、他の消費者金融で提出する書類と同じ条件になるので、アイフルを選ぶ理由として最大限のメリットを得られません

希望金額が50万円未満のときに、銀行口座が本人確認と認められて手軽に申し込みできるのは、アイフルだけです。

 

アイフルの申し込みはコチラ

 

免許証なしでもお金を借りることができます。

 

運転免許証

お金を借りるときの申し込みには、本人が確認できる書類の提出が義務付けられています。

金融機関が指定する書類を提出することで、申し込み本人と証明することができるので、運転免許証でなくても問題ありません。

近年では、若年層の車離れで自動車免許を取得しない人も増えている背景もあり、免許証を持っていないから金融機関で本人確認ができないと思っている人もいるようです。

普段から車を運転する人なら、常に財布に運転免許証を入れて携帯しているので、すぐに取り出せる手軽さから使う人が多い身分証明のひとつです。

運転免許証は、信頼おける各都道府県警が運営する免許センターが発行するので、顔写真もあることから金融機関でも信用性が高い身分証明として取り扱われています。

また、免許証を取得すると生涯変わることがほとんどない12桁の番号が与えられますが、わかる人から見れば個人情報を含んだ暗号です。

運転免許証と同様に、パスポートにも個人番号がありますが、新しく作り直すたびに最新の番号に変わっていきます。

運転免許証とパスポートは、顔写真と一人ひとりに違う番号があるので、証明書としては信頼性が高いものとなります。

ただ、有効期限が過ぎたものに関しては、身分証明としての効力を発揮しません

消費者金融でお金を借りるときは、先ほど紹介した本人確認書類のうちどれか1点あれば、運転免許証でなくても何ら問題なく申し込みができます。

 

運転免許証がないなら準備しやすいのはマイナンバーカード

マイナンバーカード

運転免許証を持っていない人が手軽に使うことができる証明書と言えば、マイナンバーカードやパスポートです。

パスポートを持っているなら手軽に使える本人確認書類ですが、外国に行くことがなければ持っていない人もいます。

個人番号カードは日本国籍を持っている証拠として平成27年に総務省から順次個別に与えられた、日本人としての新しい身分証明書です。

個人番号カードを役所に持っていけば、印刷しただけの用紙から顔写真入りでICチップが入ったマイナンバーカードを新しく発行してもらえます。

個人番号カードかマイナンバーカードを持っていても、年末調整の書類で記入するときくらいしか使う機会がないので、タンスにしまったままにしている人も多いのではないでしょうか?

個人番号カードからICチップが内蔵されたマイナンバーカードにすることで、将来的には免許証と一体化できるようです。

免許証がマイナンバーカードと一体化になれば財布に入れて持ち歩く人も多くなるので、近い将来にはもっとも手軽な身分証明書として使われるようになるかもしれません。

いまのところ免許証や保険証を持っていないのであれば、本人確認書類として使える個人番号カードやマイナンバーカードは有効な書類です。

運転免許証を持っていなくても、マイナンバーカードがあれば、問題なく申し込みができるので安心してください。

 

顔写真がある身分証明書は審査に有利?

自撮り

運転免許証・パスポート・マイナンバーカードには顔写真があるので、本人確認で使う身分証明書としては最もふさわしいといえます。

消費者金融の本人確認書類として使うときには、顔写真があるからといって審査で優遇されるということではありません。

例えば顔写真が付いていない健康保険証と比べると、運転免許証1枚で本人ということを証明することができる点が優れています。

金融機関が定める本人確認書類であれば、有利や不利といったことはありません

 

提出書類を少なくしたいなら希望金額を抑えること

多額の借金により返済が滞る人を救済するために、『総量規制』という法律があります。

総量規制

お金を貸すことを主な仕事とする消費者金融のような貸金業者は、申込者に対して貸し出す金額に制限が決められています。

『申込者の年収1/3を超えてはならない』というものです。

多くの金額が借りたいと希望しても、その人の年収の1/3を上限とした金額までしか借りることができない法律です。

1つの貸金業者に対してではないので、複数の貸金業者に申し込みしても、年収1/3の上限金額を総額で超える場合には、審査に通ることもできません

そのため、50万円を超える金額を希望する場合や、どこかで借金している人が申し込みをするときには、収入証明書類の提出が義務付けられています。

収入証明書類を提出しないでも借りることができる金額は、50万円未満と決まっています。

銭借警部
50万円より少ない金額で希望するときは、本人確認書類だけあればいいんじゃな!

消費者金融では、第三者によって申し込みされる犯罪を防ぐために、本人確認書類を提出は欠かせません。

申し込みした入力内容と提出した本人確認書類で、住所や氏名を照らし合わせます

もしも、入力事項に不備があったときは通常よりも審査に時間がかかることになるので、お間違いないようにしてください。

収入証明書類は、他社借入金額と合わせて50万円以上になるときに、提出が必要になることもあります。

本人確認書類と場合によっては収入証明書類の2点は、お金を借りるために提出しなければいけませんが、できることなら個人情報を他人には見られたくないという人もいるはずです。

そんなときには、アイフルで申し込みがおすすめです。

アイフルなら50万円未満を希望するときに限り、銀行口座の登録で本人確認できるから、本人確認書類の提出は不要となります。

 

アイフルの申し込みはコチラ

 

アイフルに銀行口座で登録しても本人確認を認められない人とは?

ダメ

以下の条件に当てはまる人は、アイフルの銀行口座だけでは本人確認と認められません。

注意

  • 50万円以上の借入を希望する場合
  • 貸金業者に50万円以上借金がある
  • 無職
  • 年齢20歳未満と69歳以上の方

無職で継続した安定収入がない・年齢制限に当てはまらない場合は、銀行口座が本人確認できない以前の問題で、どこの金融機関でも相手にされることがありません。

現在どこかの貸金業者から借金している、50万円以上の金額を希望する場合には、指定される本人確認の提出が必要となります。

50万円を超える希望金額のときは、指定された本人確認書類と収入を証明する書類を同時に提出することが条件です。

金額が多くなるほど審査に通りにくくなるので、年収の高い正規雇用者でなければ、必要最低限の金額で申し込みするようにしましょう!

 

お金を借りるときに運転免許証や健康保険証を提出できない理由があるときには、アイフルの本人確認できる銀行口座を登録がおすすめです。

なぜなら、

ポイント

  • 運転免許証や健康保険証がなくても申し込める
  • 借入希望金額が50万円未満なら銀行口座登録が本人確認と認められる
  • 画像を送信する必要なし

というように、アイフルなら簡単な入力だけで申し込みが完了します。

50万円未満の金額を借りたいときには、提出書類不要で申し込みできるアイフルがおすすめです。

アイフルの申し込みはコチラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

銭借警部

ワシは部下達から銭借警部と呼ばれているんだ。 お金の工面が盗人ルパンよりも上手いということだな! ガッハッハ

-お金借りる, 保険証なし, 免許証ない
-, , ,

© 2021 ゼニリミット Powered by AFFINGER5